大手電機メーカーで一番儲けているのは、意外な会社だった。

 大手電機メーカーの業績が回復しているのは、良く聞く。
あのシャープでさえ、立て直したからねえ。
東芝はダメだが。

 ここ10年という長いスパンで見れば、どうなのか、意外なグラフを見たので、紹介。

電機各社の2008~2017年度の純利益の合算。

 一番儲けているのが、三菱電機というのに驚いた。
地味なメーカーなのになあ。
8社中5社が赤字というのにも、驚いた。
リーマンショック時代を含んでいるのもあるが。
SONYの赤字は有名だが、Panasonicがもっと赤字なのも意外だった。
大手でこれじゃあ、不景気感が漂うのも仕方がない。
しかし、10年通算で赤字というのは、苦しいねえ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「関連コンテンツとスポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. deefe より:

    重電がいいんですね。
    東芝も経営者がまともだったら良かったのかも

    • 月灯り 探歩 より:

      東芝とシャープは、社長が取り返しのつかない失敗をしたということですね。
      社員はたまらんですね。